OKIレッドとは

バナー_01

沖縄のブランドトマト「OKIレッド」の特徴

■収穫期間は11月~7月頃まで。旬は3月~5月。
■沖縄のてぃーだ(太陽)をたっぷり浴びているから、色は食欲をそそる燃えるような美しい赤。
■1玉150~200gの食べきりサイズ。
■真っ赤になっても実はしっかりしている。
■甘みと酸味のバランスがよく、食味がよい。
■通常の市販トマト(糖度4~5度)よりも糖度が上がりやすい。
「OKIレッド」の糖度は7~8度。
「OKIレッド Premium」の糖度は9度以上。
■時間の経過とともに酸味は低減、旨味は増す。
■一般のトマトよりも日保ちがする。
■最大の特徴は、ほかのトマトと比べて、リコピン含有量が非常に高いことです!

「OKIレッド」の農園

「OKIレッド」農園は、沖縄本島北部・東村有銘と中部・うるま市石川楚南の2ヶ所。
どちらの農園も沖縄らしい風光明媚なところにあります。
東村の農園3_1280×850 -ロゴ
東村は酸性の赤土。トマトは弱酸性を好むので、トマトの栽培に適した土地です。
東村農園では、4連棟ハウスと2連棟ハウス、1800坪に合計約13000本の「OKIレッド」を育てています。

石川農園_1280×850-ロゴ
うるま市石川も酸性の赤土。トマトは弱酸性を好むので、こちらもトマトの栽培に適した土地です。
石川農園では、2つの2連棟ハウス、500坪に、約4000本の「OKIレッド」を育てています。

OKIレッド@トマト盛り付け_25%Resize
私たちが心をこめて育てている「OKIレッド」をぜひ一度お召し上がりください。

ページ上部へ戻る