沖縄の農園だより、レストランレポート

2016年「ぜいたくトマト」定植作業

沖縄からこんにちは! いつも龍飛おきなわHPをご覧いただきありがとうございます。
2016年9月8日(木)から龍飛おきなわ3期目の「ぜいたくトマト」定植作業がはじまりました。

ぜいたくトマト うるま市石川農場

2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_01
土砂降りの2016年9月8日(木)うるま市石川農場の様子です。
2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_03

img_8970
朝8時半から作業を開始。14時頃作業終了の見込みでしたが、3期目とあって、予定より大幅に早く10時半には約2900株の定植が完了しました。
2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e7%9f%b3%e5%b7%9d%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_02

ぜいたくトマト 東村有銘農場

翌日9月9日(金)も土砂降り。でも、ハウスで作業をするにはカンカン照りよりは助かります。
2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_06
東村有銘農場の様子です。
img_9162
3期目となる今期は、先に苗を植える穴を開け、それから苗を植えるという分業方式で定植を行いました。
2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_07
穴を開ける人たちもすべての穴を開け終えたら、全員でぜいたくトマトの苗を植えていきます。

img_9178
「子どもの時から、おばぁの真似をして、花や野菜を植えるのが好きでした。自分で植えて、育てて、収穫できるのが農業の面白さ。思ったように立派に育ってくれたら嬉しいですね」と知念良和さん。趣味の家庭菜園はいまも続けています。

2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_05
「ストレスなく楽しいです」と龍飛おきなわ最年少の知念智恵美さん。

img_9353
トマトを使ったお料理や商品を考案中のシェフ・知念照之さんも定植をお手伝い。龍飛おきなわは飲食店も展開予定です。シェフのお料理もどうぞお楽しみに!

2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_03
「土と触れ合いたい」。そう思って農業をはじめたという大阪府出身の吉見真一さん。「ストレスがたまらないとこがいいですね」と笑顔に汗が光ります。

2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_02_%e8%be%b2%e5%a0%b4%e9%95%b7
東村有銘・宮尾秀二農場長のお話では、昨年から改良した点がいくつかあります。大きな改良ポイントを3つご紹介いたします。

ぜいたくトマト3期目の大きな改良ポイント

(1)「バガス」を土壌全体に混ぜ合わせています。
「バガス」を初めてお耳になさる方もいらっしゃるのでは?
バガスとは、さとうきび搾汁後の残渣のこと。バガスの利用は、さとうきびの生産地・沖縄ならではです。
バガスを混ぜることによって土と土の間に空気が入り、土同士がくっつかず根詰まりを抑えます。また空気が入ることによって微生物が活性化され、土壌が良くなります。通路にもバガスをひくことで、泥はねを防ぎ病気の予防にもなります。
(2)畝と通路を広くしました。
昨年より畝を広くして、苗と苗の間隔を広く取るようにしました。
苗を植えられる数は減ってしまいますが、風通しが良くなり、病気を防ぎ、元気で美味しいトマトを育てることができます。
(3)「EM」を土壌全体に散布しています。
EMは、沖縄で開発された、乳酸菌や酵母など人にも環境にもやさしい微生物たちの共生体のことです。
沖縄では大学や研究機関がEM無償配布を行っていることもあって、EMは畑や農園で幅広く活用されています。
「1:1の割合で糖蜜とEMを混ぜ合わせたものを土壌に混ぜています。EMを加えることで、病気になりにくく、樹が元気に育ち、虫もつきにくくなります。樹が元気に育つということは、その分おいしくなるということです」と宮尾農場長。
養液+沖縄ならではのバガスやEMなども取り入れた3期目のぜいたくトマト。きっと美味しく育ってくれるはずです。

2016%e5%b9%b49%e6%9c%88_%e6%9d%b1%e6%9d%91%e3%81%ab%e3%81%a6%e5%ae%9a%e6%a4%8d_01%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f
美味しいトマトを目指して、今日もがんばります!!

トマトの収穫は11月下旬頃からを予定しております。今年も龍飛おきなわのトマトをお楽しみに!!

詳細お問合せはお気軽にどうぞ。
龍飛おきなわ TEL:098-934-5505

img_9415
しーぶん(おまけ)
お昼休みにパチリ! 勇哲さんが手にしているのは、若いススキでつくった沖縄の魔除け「サン」。
「屋敷御願(やしきうがん)と言って、屋敷やハウスの角々に魔除けのサンを立てるんですよ。クルマに乗せておいてもいいさー」とクルマに乗せておくサンをいただきました。
知子さんはサンをつくるために、たくさんのススキを刈り取っていらっしゃいました。緑豊かな東村の農園ならではです。
農場見学の際にご希望すれば、ひょっとしたらサンをつくっていただけるかも!?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る